アイビー博士の評判に影響された高位の権力者が、彼が実際にクレビオゼンに何かを持っていると信じていた可能性が非常に高いです。

ミロス ポキミカ

によって書かれた: ミロス ポキミカ

医学的に検証した結果 Xiùying Wáng, M.D. 博士。

2023年9月2日更新
広告

栄養と健康について何か質問はありますか?

ぜひご意見をいただき、次回の投稿でお答えしたいと思います。皆様のご意見とご意見に感謝しており、すぐにご連絡をお待ちしております。私もあなたを招待します フォローする Facebook、Instagram、Pinterestでダイエット、栄養、健康に関するコンテンツをご覧ください。そこにコメントを残して、他の健康愛好家とつながり、あなたのヒントや経験を共有し、私たちのチームやコミュニティからサポートや励ましを得ることができます。

この投稿があなたにとって有益で楽しいものであり、学んだ洞察を生かす準備ができていることを願っている。この投稿が役に立ったと思われた方は シェアする 友人や家族など、その恩恵にあずかれるかもしれない人たちと一緒に。誰が健康の旅にガイダンスやサポートを必要としているかわからないのですから。

広告
あなたはおそらくそれも好きでしょう
ゴーベガンウェイのロゴ
栄養について学ぶ

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
医療上の免責事項
GoVeganWay.com では、最新の栄養と健康関連の研究のレビューをお届けします。提供される情報は著者の個人的な意見を表すものであり、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わることを意図または暗示するものではありません。提供される情報は情報提供のみを目的としており、資格のある医師または医療提供者の相談、診断、および/または治療に代わるものとして機能することを意図したものではありません。
GoVeganWay.com で読んだことや GoVeganWay.com を通じてアクセスしたことを理由に、専門家の医学的アドバイスを無視したり、医療治療を受けるのを遅らせたりしないでください。
認可された医師に相談する前に、GoVeganWay.com で読んだ内容の結果としてライフスタイルの変更や変更を決して適用しないでください。
医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに医師または 911 に電話してください。GoVeganWay.com は、内部で言及されている特定のグループ、組織、検査、医師、製品、手順、意見、またはその他の情報を推奨または承認しません。
編集者のおすすめ –
広告
読書の時間: 12

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
最新記事 -

インゲン豆 栄養と健康効果

インゲンは低カロリーで、血糖値をコントロールし、コレステロールを下げ、フリーラジカルを撃退する天然化合物を豊富に含んでいる。

広告
寄付
広告
プラントベースのニュース
広告
トップヘルスニュース — ScienceDaily
  • Scientists develop visual tool to help people group foods based on their levels of processing
    on 5月 30, 2024

    Scientists studying ultra-processed foods have created a new tool for assessing the rewarding and reinforcing properties of foods that make up 58 percent of calories consumed in the United States. The foods have been linked to a wide range of negative health outcomes.

  • First hints of memory problems associated with changes in the brain
    on 5月 29, 2024

    People who report early memory problems and whose partners also suspect they have memory problems have higher levels of tau tangles in the brain, a biomarker associated with Alzheimer’s disease.

  • Grow the skin you’re in: In vivo generation of chimeric skin grafts
    on 5月 29, 2024

    Researchers found that mutated mouse embryos showing an abnormal epidermal differentiation and injected with mouse pluripotent stem cells grew large patches of mature epidermis derived from the donor cells that survived transplantation to adult mice and grew natural-looking fur. Injecting the embryos with human keratinoctyes produced sheets of semi-humanized skin, suggesting that this system could be developed further to grow autologous skin grafts for treating severe skin wounds.

  • Identifying the initial steps in colorectal cancer formation
    on 5月 29, 2024

    Research provides new evidence that most colorectal cancers begin with the loss of intestinal stem cells, even before cancer-causing genetic alterations appear. The results overturn the prevailing theory for colorectal tumor initiation and suggest new ways to diagnose the disease before it has a chance to become established.

  • Chicken feathers to deliver chemotherapy drugs and repair enzymes
    on 5月 29, 2024

    A new method of drug delivery using proline, an amino acid found in chicken feathers and skin tissue, could be used to limit the side effects of chemotherapy and repair important enzymes, new research suggests.

  • Menstrual periods are arriving earlier for younger generations, especially among racial minority and lower-income individuals
    on 5月 29, 2024

    The average age at menarche — the first menstrual period — has been decreasing among younger generations in the U.S., especially those belonging to racial minorities and lower socioeconomic statuses, according to a new study. It also found that the average time it takes for the menstrual cycle to become regular is increasing.

  • New antibiotic kills pathogenic bacteria, spares healthy gut microbes
    on 5月 29, 2024

    Researchers have developed a new antibiotic that reduced or eliminated drug-resistant bacterial infections in mouse models of acute pneumonia and sepsis while sparing healthy microbes in the mouse gut. The drug, called lolamicin, also warded off secondary infections with Clostridioides difficile, a common and dangerous hospital-associated bacterial infection, and was effective against more than 130 multidrug-resistant bacterial strains in cell culture.

広告
パブメッド、 #ビーガンダイエット
広告
ランダムな投稿 –
広告
Goveganway の科学レビュー パート 1 戻る (1)
Goveganway 科学レビュー パート 1 前編 (1)
広告
おすすめの投稿 -
広告
ニュースレターを購読する
広告
PubMed の最新情報、 #植物ベースの食事
広告