抗酸化物質の主な摂取源がコーヒーである場合、深刻な問題を抱えていることがわかります。

ミロス ポキミカ

によって書かれた: ミロス ポキミカ on 3月 15, 2023

医学的に検証した結果 Xiùying Wáng, M.D. 博士。

Updated 1月 7, 2024
広告

栄養と健康について何か質問はありますか?

ぜひご意見をいただき、次回の投稿でお答えしたいと思います。皆様のご意見とご意見に感謝しており、すぐにご連絡をお待ちしております。私もあなたを招待します フォローする Facebook、Instagram、Pinterestでダイエット、栄養、健康に関するコンテンツをご覧ください。そこにコメントを残して、他の健康愛好家とつながり、あなたのヒントや経験を共有し、私たちのチームやコミュニティからサポートや励ましを得ることができます。

この投稿があなたにとって有益で楽しいものであり、学んだ洞察を生かす準備ができていることを願っている。この投稿が役に立ったと思われた方は シェアする 友人や家族など、その恩恵にあずかれるかもしれない人たちと一緒に。誰が健康の旅にガイダンスやサポートを必要としているかわからないのですから。

広告
あなたはおそらくそれも好きでしょう
ゴーベガンウェイのロゴ
栄養について学ぶ

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
医療上の免責事項
GoVeganWay.com では、最新の栄養と健康関連の研究のレビューをお届けします。提供される情報は著者の個人的な意見を表すものであり、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わることを意図または暗示するものではありません。提供される情報は情報提供のみを目的としており、資格のある医師または医療提供者の相談、診断、および/または治療に代わるものとして機能することを意図したものではありません。
GoVeganWay.com で読んだことや GoVeganWay.com を通じてアクセスしたことを理由に、専門家の医学的アドバイスを無視したり、医療治療を受けるのを遅らせたりしないでください。
認可された医師に相談する前に、GoVeganWay.com で読んだ内容の結果としてライフスタイルの変更や変更を決して適用しないでください。
医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに医師または 911 に電話してください。GoVeganWay.com は、内部で言及されている特定のグループ、組織、検査、医師、製品、手順、意見、またはその他の情報を推奨または承認しません。
編集者のおすすめ –
広告
読書の時間: 32

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
最新記事 -

インゲン豆 栄養と健康効果

インゲンは低カロリーで、血糖値をコントロールし、コレステロールを下げ、フリーラジカルを撃退する天然化合物を豊富に含んでいる。

広告
寄付
広告
プラントベースのニュース
広告
トップヘルスニュース — ScienceDaily
広告
パブメッド、 #ビーガンダイエット
  • Nutraceuticals in migraine
    on 2月 2, 2024

    Nutraceuticals represent substances derived from food or plants that provide medical or health benefits, and are increasingly sought by patients as a means of treating migraine in a natural, effective, and safe manner as conventional therapies often fail, are expensive, and laden with side effects. This chapter reviews various nutraceutical therapies for migraine including phytomedicines (plant-based therapies), diets for migraine management and vitamin, mineral, and supplement-based […]

  • Sustainability benefits of transitioning from current diets to plant-based alternatives or whole-food diets in Sweden
    on 1月 31, 2024

    Plant-based alternatives (PBAs) are increasingly becoming part of diets. Here, we investigate the environmental, nutritional, and economic implications of replacing animal-source foods (ASFs) with PBAs or whole foods (WFs) in the Swedish diet. Utilising two functional units (mass and energy), we model vegan, vegetarian, and flexitarian scenarios, each based on PBAs or WFs. Our results demonstrate that PBA-rich diets substantially reduce greenhouse gas emissions (30-52%), land use (20-45%), […]

  • Dietary supplement use among lactating mothers following different dietary patterns – an online survey
    on 1月 31, 2024

    CONCLUSION: More than half of the participants reported the use of supplements during lactation with the highest proportion in vegans. However, over one third of the mothers did not report supplementing with iodine, regardless of their dietary pattern and most participants also did not report DHA supplements. It is worrisome that a high number of vegans did not report vitamin B12 supplementation, but this could be partly due to issues with reporting. It is crucial to provide further education […]

  • Differential peripheral immune signatures elicited by vegan versus ketogenic diets in humans
    on 1月 30, 2024

    Nutrition has broad impacts on all physiological processes. However, how nutrition affects human immunity remains largely unknown. Here we explored the impact of a dietary intervention on both immunity and the microbiota by performing a post hoc analysis of a clinical trial in which each of the 20 participants sequentially consumed vegan or ketogenic diets for 2 weeks ( NCT03878108 ). Using a multiomics approach including multidimensional flow cytometry, transcriptomic, proteomic, metabolomic…

  • Development of a diet quality score and adherence to the Swiss dietary recommendations for vegans
    on 1月 30, 2024

    CONCLUSION: The newly developed DQS-V provides a single score for estimating diet quality among vegan adults. Further validation studies examining the DQS-V in relation to an independent dietary assessment method and to biomarkers of nutritional intake and status are still needed before the general application of the DQS-V.

広告
ランダムな投稿 –
肥満

肥満の危険因子

関連する肥満の危険因子は何ですか? 私たちを除く地球上のすべての生命にとって、食べ物は選択の余地がありません。

広告
Goveganway の科学レビュー パート 1 戻る (1)
Goveganway 科学レビュー パート 1 前編 (1)
広告
おすすめの投稿 -
広告
ニュースレターを購読する
広告
PubMed の最新情報、 #植物ベースの食事
広告