インドだけでも、毎年約50万人が大気汚染により亡くなっています。死につながる大気汚染は、問題全体の一部にすぎません。

ミロス ポキミカ

によって書かれた: ミロス ポキミカ

医学的に検証した結果 Xiùying Wáng, M.D. 博士。

2023年8月4日更新
広告

栄養と健康について何か質問はありますか?

ぜひご意見をいただき、次回の投稿でお答えしたいと思います。皆様のご意見とご意見に感謝しており、すぐにご連絡をお待ちしております。私もあなたを招待します フォローする Facebook、Instagram、Pinterestでダイエット、栄養、健康に関するコンテンツをご覧ください。そこにコメントを残して、他の健康愛好家とつながり、あなたのヒントや経験を共有し、私たちのチームやコミュニティからサポートや励ましを得ることができます。

この投稿があなたにとって有益で楽しいものであり、学んだ洞察を生かす準備ができていることを願っている。この投稿が役に立ったと思われた方は シェアする 友人や家族など、その恩恵にあずかれるかもしれない人たちと一緒に。誰が健康の旅にガイダンスやサポートを必要としているかわからないのですから。

広告
あなたはおそらくそれも好きでしょう
ゴーベガンウェイのロゴ
栄養について学ぶ

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
医療上の免責事項
GoVeganWay.com では、最新の栄養と健康関連の研究のレビューをお届けします。提供される情報は著者の個人的な意見を表すものであり、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わることを意図または暗示するものではありません。提供される情報は情報提供のみを目的としており、資格のある医師または医療提供者の相談、診断、および/または治療に代わるものとして機能することを意図したものではありません。
GoVeganWay.com で読んだことや GoVeganWay.com を通じてアクセスしたことを理由に、専門家の医学的アドバイスを無視したり、医療治療を受けるのを遅らせたりしないでください。
認可された医師に相談する前に、GoVeganWay.com で読んだ内容の結果としてライフスタイルの変更や変更を決して適用しないでください。
医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに医師または 911 に電話してください。GoVeganWay.com は、内部で言及されている特定のグループ、組織、検査、医師、製品、手順、意見、またはその他の情報を推奨または承認しません。
編集者のおすすめ –
広告
読書の時間: 6

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
最新記事 -

インゲン豆 栄養と健康効果

インゲンは低カロリーで、血糖値をコントロールし、コレステロールを下げ、フリーラジカルを撃退する天然化合物を豊富に含んでいる。

広告
寄付
広告
プラントベースのニュース
広告
トップヘルスニュース — ScienceDaily
  • Silkworms help grow better organ-like tissues in labs
    on 6月 6, 2024

    Biomedical engineers have developed a silk-based, ultrathin membrane that can be used in organ-on-a-chip models to better mimic the natural environment of cells and tissues within the body. When used in a kidney organ-on-a-chip platform, the membrane helped tissues grow to recreate the functionality of both healthy and diseased kidneys.

  • Nanoparticles: Risk for babies in the womb
    on 6月 6, 2024

    Little is yet known about the health effects of nanoparticles on pregnancy. An interdisciplinary team is currently analyzing the risks for babies in the womb. Using a lab model, the researchers were able to determine that certain nanoparticles impair the release of chemical messengers in the placenta and thus the formation of blood vessels.

  • Using oceanography to understand fronts and cyclones on Jupiter
    on 6月 6, 2024

    New research led by Lia Siegelman, a physical oceanographer at UC San Diego’s Scripps Institution of Oceanography, shows that the roiling storms at the planet Jupiter’s polar regions are powered by processes known to physicists studying Earth’s oceans and atmosphere. The geophysical commonalities spanning the 452 million miles between the two planets could even help facilitate an improved understanding of those processes on Earth.

  • Hidden challenges of tooth loss and dentures revealed in new study
    on 6月 6, 2024

    A new study has revealed the hidden emotional challenges patients go through following tooth loss. Patients highlight feelings of self-consciousness, shame or fear as well as physical sensations such as pain and sensitivity and worries about how tooth loss might impact their life.

  • How medical models can transform agriculture
    on 6月 6, 2024

    Researchers use lessons from nanomedicine and digital twin technologies to address food insecurity and climate change.

  • Macrophages behave like mural cells to promote healing of ischemic muscle injury
    on 6月 6, 2024

    Innate immune cells including macrophages and neutrophils have unique properties that allows them to quickly accumulate in large numbers at the site of infection or injury. A new study establishes that macrophage in the adult ischemic muscle induce a phenotype switch into mural cells to support restoration of functional blood flow and thereby promote healing. This finding pinpoints macrophages as a potential target for therapeutically enhancing vascular integrity and healing of ischemic […]

  • First-of-its-kind test can predict dementia up to nine years before diagnosis
    on 6月 6, 2024

    Researchers have developed a new method for predicting dementia with over 80% accuracy and up to nine years before a diagnosis. The new method provides a more accurate way to predict dementia than memory tests or measurements of brain shrinkage, two commonly used methods for diagnosing dementia.

広告
パブメッド、 #ビーガンダイエット
広告
ランダムな投稿 –
広告
Goveganway の科学レビュー パート 1 戻る (1)
Goveganway 科学レビュー パート 1 前編 (1)
広告
おすすめの投稿 -
広告
ニュースレターを購読する
広告
PubMed の最新情報、 #植物ベースの食事
広告