脳内の慢性炎症を伴う酸化ストレスは、大うつ病や不安などの神経精神疾患の発症に関連しています。

ミロス ポキミカ

によって書かれた: ミロス ポキミカ

医学的に検証した結果 Xiùying Wáng, M.D. 博士。

2023年8月7日更新
広告

栄養と健康について何か質問はありますか?

ぜひご意見をいただき、次回の投稿でお答えしたいと思います。皆様のご意見とご意見に感謝しており、すぐにご連絡をお待ちしております。私もあなたを招待します フォローする Facebook、Instagram、Pinterestでダイエット、栄養、健康に関するコンテンツをご覧ください。そこにコメントを残して、他の健康愛好家とつながり、あなたのヒントや経験を共有し、私たちのチームやコミュニティからサポートや励ましを得ることができます。

この投稿があなたにとって有益で楽しいものであり、学んだ洞察を生かす準備ができていることを願っている。この投稿が役に立ったと思われた方は シェアする 友人や家族など、その恩恵にあずかれるかもしれない人たちと一緒に。誰が健康の旅にガイダンスやサポートを必要としているかわからないのですから。

広告
あなたはおそらくそれも好きでしょう
ゴーベガンウェイのロゴ
栄養について学ぶ

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
医療上の免責事項
GoVeganWay.com では、最新の栄養と健康関連の研究のレビューをお届けします。提供される情報は著者の個人的な意見を表すものであり、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わることを意図または暗示するものではありません。提供される情報は情報提供のみを目的としており、資格のある医師または医療提供者の相談、診断、および/または治療に代わるものとして機能することを意図したものではありません。
GoVeganWay.com で読んだことや GoVeganWay.com を通じてアクセスしたことを理由に、専門家の医学的アドバイスを無視したり、医療治療を受けるのを遅らせたりしないでください。
認可された医師に相談する前に、GoVeganWay.com で読んだ内容の結果としてライフスタイルの変更や変更を決して適用しないでください。
医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに医師または 911 に電話してください。GoVeganWay.com は、内部で言及されている特定のグループ、組織、検査、医師、製品、手順、意見、またはその他の情報を推奨または承認しません。
編集者のおすすめ –
広告
読書の時間: 21

ミロス・ポキミカは、自然医学の医師、臨床栄養士、医療健康と栄養のライター、栄養科学アドバイザーです。書籍シリーズの著者 ビーガンに行きますか?科学の復習また、自然健康サイト「GoVeganWay.com」を運営している。

広告
最新記事 -

インゲン豆 栄養と健康効果

インゲンは低カロリーで、血糖値をコントロールし、コレステロールを下げ、フリーラジカルを撃退する天然化合物を豊富に含んでいる。

広告
寄付
広告
プラントベースのニュース
広告
トップヘルスニュース — ScienceDaily
  • Air pollution linked to more signs of Alzheimer’s in brain
    on 2月 22, 2024

    People with higher exposure to traffic-related air pollution were more likely to have high amounts of amyloid plaques in their brains associated with Alzheimer’s disease after death, according to a new study. Researchers looked at fine particulate matter, PM2.5, which consists of pollutant particles of less than 2.5 microns in diameter suspended in air.

  • Sleep improves ability to recall complex events
    on 2月 21, 2024

    Sleep helps consolidate our memory of complex associations, thus supporting the ability to complete memories of whole events.

  • Baleen whales evolved a unique larynx to communicate but cannot escape human noise
    on 2月 21, 2024

    The iconic baleen whales, such as the blue, gray and humpback whale, depend on sound for communication in the vast marine environment where they live. Now researchers have for the first time found that baleen whales evolved novel structures in their larynx to make their vast array of underwater songs.

  • Common hair loss and prostate drug may also cut heart disease risk in men and mice
    on 2月 21, 2024

    The drug finasteride, also known as Propecia or Proscar, treats male pattern baldness and enlarged prostate in millions of men worldwide. But a new study suggests the drug may also provide a surprising and life-saving benefit: lowering cholesterol and cutting the overall risk of cardiovascular disease.

  • Researchers are using RNA in a new approach to fight HIV
    on 2月 20, 2024

    A pharmacy associate professor has developed a novel nanomedicine loaded with genetic material called small interfering RNAs (siRNA) to fight human immunodeficiency virus (HIV) using gene therapy.

  • Junk DNA in birds may hold key to safe, efficient gene therapy
    on 2月 20, 2024

    For many genetic diseases, disabling or editing a gene using CRISPR is insufficient to overcome the effects of the underlying genetic mutation. A corrective gene needs to be added to the genome to fix the problem. Researchers have discovered a way to use a bird retrotransposon — a type of junk DNA — to insert whole transgenes into the human genome in a targeted way that does not risk damaging other genes.

  • Fasting-like diet lowers risk factors for disease, reduces biological age in humans
    on 2月 20, 2024

    Cycles of a diet that mimics fasting can reduce signs of immune system aging, as well as insulin resistance and liver fat in humans, resulting in a lower biological age, according to a new study.

広告
パブメッド、 #ビーガンダイエット
広告
ランダムな投稿 –
牛乳 糖尿病

A1 牛乳: 糖尿病、自閉症、心臓病

疫学的証拠は、α1 ベータカゼインバリアントを含む A1 ミルクが、小児の 1 型糖尿病、成人の自閉症、および心臓病の発症における危険因子である可能性があることを示唆しています。

広告
Goveganway の科学レビュー パート 1 戻る (1)
Goveganway 科学レビュー パート 1 前編 (1)
広告
おすすめの投稿 -
広告
ニュースレターを購読する
広告
PubMed の最新情報、 #植物ベースの食事
広告